妊婦が食べ過ぎると色々な影響を与える

妊娠中は味覚に大きな変化が訪れます。つわりになり食欲が減退することもあれば逆に食べ過ぎてしまうこともあります。妊婦検診では体重の増減を管理されますが、あまりに体重の増加があった場合出産時に産道が狭くなり帝王切開になる場合があります。体重増加は赤ちゃんにとてもママにとっても大きなリスクを産むのです。また、産後も体重を元に戻しにくくするので、ストレスとはいえ食べ過ぎには注意しつつ心とからだのバランスを取ることが妊娠期の重要な課題となってくるといえます。相談もちろん一人では乗り越えにくい場合もあります。病院や産院ごとによっては看護師が心のケアを行っているサービスを提供しているところもあるので、そういったものを利用するのも一つの選択です。また、市役所や区役所などで妊娠期から出産後の育児に関するあらゆる相談を受け付けている窓口があります。助産師から保健師、保育士さらには医師までが相談に乗ってくれますし、病院の紹介なども行ってくれるので一人で悩まずどんどん人に話して心を軽くすることができます。具体的に対処法や色々な対策も教えてくれるので今は困っていなくとも色々な教室に参加してママ友さんを作るのも大切です。実際に自分と同じ悩みを持っている人同士で話をすると自分一人ではないと感じることができますし、様々な事柄を乗り越えることができるからです。赤ちゃんを迎える前でも赤ちゃんを迎えたあとでも人とのつながりを大切にしたいものです。